銀座カラーのキャンペーン
全身22ヶ所★脱毛し放題キャンペーン
銀座カラーはどんな人にオススメかというと
ズバリ!毛の量が多い人とか、なるべく若い人(20代前半とか)

銀座カラーの全身脱毛の特徴は、有効期限や施術回数が無制限脱毛し放題なので、なるべく早いくスタートした方がお得。

しかも、支払い総額を無金利ローンで分割払いするタイプの月額制なので、完済後はお金を払う必要なし。いつまでもダラダラ支払いが続く心配がありません

【2016年9月版ランキング】 全身6回の総額(税込)早見表

3位 キレイモ 月謝タイプの月額制(回数制パックもあり)
全身脱毛6回の総額(税込) 123,120円 ※スリムアップ脱毛コース:12ヶ月分
全身1周あたりの料金(税込) 20,520円 ※スリムアップ脱毛コース:2ヶ月分
有効期間 2年間 (回数制パックの場合)

キレイモの全身脱毛 キレイモの標準プラン的な位置づけのスリムアップ脱毛コースは月額9,500円。

キレイモの全身脱毛に含まれる顔パーツは、おでこ鼻下など、口まわりは勿論、鼻(の頭)も含めたホンキの全顔。

この月額コースは、全身を上半身と下半身を交互に、月に1回のペースで通います。

月に2回ずつ通うサロンと比較すると、「スケジュール調整するのが面倒...」という人には地味にメリットがあります。

最近は月額制といっても単なるローンのことを月額制プランと読んでるサロンも多いんですが、キレイモの場合は塾の月謝みたいな本物の定額制プラン。

なので、辞めたいと思ったら、すぐ辞められるという気楽さがあります。

でも、そもそも辞める気なんか無ぇ~よ!
という人には、回数契約のまとめて脱毛パックプランがオススメですね。

まとめて脱毛パックプランは、1日で全身をイッキにお手入れするというプラン。

2~3ヶ月間隔で通うので、月1回でもスケジュール調整するのが面倒くさいという人にもオススメですが、ミサエ的に注目してるのは顔のお手入れ。

この回数制のパックプランに限り、顔脱毛をフォトフェイシャルに無料チェンジもOK。他にはない超特大メリット。

くすみしみしわ等が気になる人や、化粧のりを良くしたい人は絶対コッチ。

ちなみに、顔脱毛にするかフォトフェイシャルにするかは、毎回の施術時にその日の気分で決めてOKです。

しかも、予約を変更したり、キャンセルしたい場合にもパックプランの方が自由度が高いのです。月額制プランの場合、1回とった予約は変更不可
(これ知らない人が多いです)

まとめてパックプラン6回契約の料金は、定額プラン12ヶ月分相当というのが目安です。


2位 銀座カラー 分割払い型の月額制(無金利ローン)
脱毛し放題コースの総額 キャンペーンにより変動 ※税込:30万円台半ばが目安
全身1周あたりの料金 回数無制限なので計測不能 ※通えば通うほどお得
有効期間 無期限

銀座カラー 期間・回数無制限の脱毛し放題プランを中心に展開している銀座カラー。

脱毛効果はあったけど、痛みもナカナカのものだった全身VIPコースに変わって、プレミアムファストパスという施術法がウリ。

これは1年間に8回というペースで全身脱毛を進めていくのに加え、1回の施術も約1時間で済むというスピードプラン。

オマケに銀座カラーの泣き所だった、施術時の痛みも大幅に緩和されました。

ただ、8回、12回といった回数契約では、ずいぶん値上がりした印象です。でも、脱毛し放題コースでは以前の料金と同じレベル。

こういう無制限コースがあるのはシースリーくらいですが、相変わらず施術時の痛みは強めのようです。

無制限コースとしての料金は、シースリーの方が安いので、痛みより価格の安さを優先するならシースリーですね。

とは言え、そこまで大きく値段は変わらないので、少々高くても、痛みが少なくて、ハイペースで全身脱毛したいという人は銀座カラーがオススメです。

ちなみに、6回とかのコースしか考えていない人であれば、キレイモや脱毛ラボを選ぶ方が全然安いです。

銀座カラーを選ぶメリットは、脱毛し放題コースで契約しないと追いつかないような毛の量が多い人。でも実は、毛の量にかかわらず、20代前半の若い人にも人気

というのも、回数無制限、有効期間は無期限というプランなので、早い時期に契約すれば、それだけ多く通えるので、お得感が強いからでしょう。

銀座カラーの月額制プランは、いわゆるローン契約のことなので、元本となる金額を払い終えれば、あとは気楽にず~っと全身脱毛できます。

キャンペーンによって銀座カラーの料金は少々変わることがあるので、最新の料金は無料カウンセリングの時に確認して欲しいんですが。。

目安としては、脱毛し放題コースの支払い総額は大体30万円台中盤というあたり。無金利ローンなので、大体3年かそこらで完済する計算です。

その後は、30才になっても、40才になっても、ず~っと銀座カラーに通うことができるので、若いうちに契約したほうが、より多くのメリットを享受できるというわけです。

契約時の金額は大きいですが、ホンキでずっとキレイな肌をキープしたい人にとっては、脱毛ラボやキレイモよりもコスパの良い全身脱毛サロンだと言えます。


4位 ラ・ヴォーグ ※月謝タイプの月額制プランと、回数制パックの両方あり
全身脱毛6回の総額(税込) 76,800円 ※月額制プラン24ヶ月分
全身1周あたりの料金(税込) 12,800円
有効期間 解約するまで ※8ヶ月目以降なら、いつでも解約OK

ラ・ヴォーグ ラヴォーグの公式HPで目を惹くのは月額●●●●円という驚異的に激安な全身脱毛プラン。

しかも最初の数ヶ月が無料になるキャンペーンもしょっちゅうやってます。

ホントに値段だけで比較すると、ラヴォーグより安い全身脱毛サロンを見つけるのはムズカシイです。

こんなに安いんじゃ、逆に不安。。。と思ったミサエですが、聞けば、ラヴォーグは脱毛マシンを卸販売する会社とのこと。

つまり、高価なマシン自体を安く仕入れられるというのが、全身脱毛料金の低価格を可能にしてるんだとか。

全身脱毛で理由もなく安いのは、かえって心配ですが、ちゃんと安くできる理由があるなら信用できます。

ラヴォーグの月額プランは安さがウリ。施術に使用するマシンはLVSというもの。

これとは別に、シルキーライト2というマシンがあって、こちらは回数制の全身脱毛コースで使用されます。

実は、ミサエ的には(ラヴォーグ的にも)、このシルキーライト2というマシンで施術するコースがオススメです。

LVSよりも効果がシッカリでる傾向にあるのがシルキーライト2。値段はLVSより高くなるんですが、それでも他より安いのがラヴォーグのスゴイところ。

全身脱毛6回で105,600円(税込)
1回あたりの金額は、17,600円。6回コースの有効期間は12ヶ月。


4位 シースリー 分割払い型の月額制(無金利ローン)
全身脱毛6回の総額(税込) 95,000円 ※顔、I,Oラインは別
全身1周あたりの料金(税込) 15,833円 ※概算
有効期間 無期限

シースリー【C3】の全身脱毛 施術時の痛みは多少あるものの、シッカリと脱毛効果を出すことにコダワリをもったサロンという印象です。

全身6回コースに、顔、I,Oラインをオプションで追加した場合の総額は、158,000円。

比較的、値段も安い方ですが、とにかく効果を重視したい人にはオススメ。

また、月額制という名の無金利ローンや後払いシステム等、支払い方法に柔軟性があります。

予約のキャンセルも1分前までOKなので、当日、急に生理が始まっても安心。回数制の全身脱毛プランでも有効期間は無期限。回数無制限の全身脱毛コースが特にお得。


5位 脱毛ラボ 月謝タイプの月額制(回数制パックもあり)
全身脱毛6回の総額(税込) 129,336円 ※12ヶ月分
全身1周あたりの料金(税込) 21,556円 ※2ヶ月分
有効期間 解約するまで ※3ヶ月目以降なら、いつでも解約OK

脱毛ラボ 学習塾とかフィットネスクラブみたいに、通っている期間だけ料金がかかるタイプの月額制サロン。

続けたいだけ続けられて、ヤメたい時にヤメられるというのが脱毛ラボのメリット。

標準の全身22部位の中に、顔パーツ(もみあげ、鼻下、あご)を含んでいます。

脱毛ラボと同じマシンを使っているミュゼで体験した時も感じましたが、S.S.C方式の施術は、痛みは殆ど感じません。

ただ、月額制プランの予約は、消化できない場合でも繰り越しができないので注意。

スケジュールを合わせるのが難しい場合は、1度の施術で全身をお手入れする、全身美白脱毛6回パックも選択可。

その都度払いができる、単発の部分脱毛もオーダー可能です。

ミサエのPick Up全身脱毛コーナー
全身脱毛に興味はあるけど、まずはお試しプランみたいなのを体験したいというダツモウ初心者さんにはミュゼがオススメですね。

ミュゼのお試しキャンペーン ミュゼの美容脱毛完了コースの何が良いかって~と、とにもかくにも安い!

それでいて、何回でも通ってイイという回数無制限コースになっているということですね。

ちなみに、キャンペーン価格は高くなったり安くなったりするので、ミュゼの公式HPで確認した方が良いと思います。

あ、電話申し込みだとフツウの値段になっちゃうので注意してくださいね。ミュゼの美容脱毛完了コースはWEB申し込みじゃないと損しちゃいます

★お知らせ★
エタラビ営業停止
消費者庁の指導により、エタラビは営業停止しているようです。
ミサエが全身脱毛の料金などを調査している段階でも、月額制のルール等、わかりにくいというか、不透明に感じる部分もありました。
以下の情報は古くなっていますので、参考程度に斜め読みしてくださ~い。新しい情報が入ったら、またお伝えしますね。

全身脱毛6回の総額(税込) 最安171,000円 ※18ヶ月分
全身1周あたりの料金(税込) 28,500円 ※3ヶ月分
有効期間 無期限

標準で顔脱毛もコミコミになっていて、全身6回の支払い総額は171,000円。

これは月額料金の18ヶ月分。

大抵の人は、効果をシッカリ得たいという理由からか、18ヶ月で施術完了するプランを選ぶことが多いようです。ただ、この場合は料金も18ヶ月分。

とは言え、それでもミュゼの全身脱毛(6回)の定価と比較すると全然安い

しかし、あくまでもミュゼの定価と比較した場合で、大抵の場合、ミュゼは50%割引されたりするので、全身脱毛の実質的な価格はミュゼの方が安いと言えそうです。

編注※ エタラビは現在、営業停止中です。


全身脱毛は金額だけで選んじゃダメっ!

全身脱毛は金額だけで選んじゃダメっ! 全身脱毛ソルジャーのミサエ(34歳・池袋在住)です。

ここのところ増えてきた月額制の料金システムですが、
パッと見、安い・・・と思うけど、よくよく調べてみると
結構ヤバイ。。

また、月額制かどうかにかかわらず、全身脱毛ともなると、1~2年くらいは同じサロン(とか美容外科)に通うことになりますよね。

単純に、全身脱毛の値段だけを比較しているだけでは、わからないんだけど、以下のようなポイントは先に確認しておいた方が無難。

  • 予約が取りやすいかどうか
  • ドタキャンした場合のキャンセル料金
  • 予約日の振り替え

慣れてないと、全身脱毛サロンって、どれも同じに見えるけど、こういう部分で比較していくと、自分にあうサロンかどうかというのが見えてきます。

リアルともどき。。。2つの月額制

リアルともどき。。。2つの月額制< 高額になりがちな全身脱毛の料金を、月額制というカタチで支払いやすくしているサロンが、最近、増えてきました。

実はこれ、月額制といっても、2パターンあって、気をつけないと、余計なお金を払うハメになるので要注意。

1つ目は、通い続けるかぎり、ずっと定額で料金がかかってくるというもの。

回数を決めて契約するわけではないので、自分が納得するまで通っていられるし、効果に納得がいけば、いつ辞めても良いというのがメリット。

ま、このパターンが本当の意味での月額制と言えるのかな~と思います。全身脱毛ソルジャー・ミサエ的には、このパターンを リアル月額制 と呼んでいます。

2つ目は、通える回数や、あらかじめ支払い金額の上限は決まっているのね。それを分割で払っていくことを月額制と呼んでいるもの。

全身脱毛ソルジャー・ミサエ的には、このパターンって、別に月額制でもなんでもなくて、単なる分割払いなんじゃないのかな~と思うので、月額制もどき と呼んでいます。

どちらも一長一短ありますが、なんにせよ、月額制といっても、この2パターンの全身脱毛があるというのを念頭において比較していくと、アナタに向いたサロンも見つけやすいと思いますよ。

脱毛ラボの全身コースは顔パーツが入ってる

脱毛ラボの全身コースは顔パーツが入ってる リアル月額制でオススメなのは脱毛ラボ。

もちろん、ソルジャー・ミサエも体験済みですが、脱毛ラボの特徴は施術の痛みがほとんど無い・・・ということですかね。

もちろん、痛みの感じ方は個人差があるので、人それぞれですが、なんていうか、、

『もっと、ちゃんとやってよ』
って言いたくなるくらい、やられてる感じがしない・・・というくらい痛くないです。

スタッフさんが言うには、ミュゼでも同じマシンを使っているとか。。。まぁ確かに、言われてみればミュゼの施術もこのくらいの痛みでした。

あと、脱毛ラボでは、施術できる部位の中に 顔のパーツ が入っています。ただし、施術できるのは、もみあげ鼻下あご の3箇所。

とは言え、顔の施術はできてもオプションみたいな扱いになっているところ多いので、これはメリットと言って良いと思います。

基本プランの中で、もみあげ鼻下あご の施術ができることにメリットを感じられる人には、かなりオイシイ選択肢と言えます。

予約について

脱毛ラボでは、月に2回、全身の4分の1ずつ施術を進めていきます。この調子で1年通うと、全身をグルッと6回ずつ施術できることになります。

予約について 月額料金:9,980円(税別)なので、毎月コンスタントに通えれば、1年で終わる全身6回コースという感じ。期間も短く、金額も安く収まります。

ただし、月2回の予約をキチンととれるかどうかは、自分とサロンのスケジュールが合わないと難しい。

リアル月額制なので、施術ができない場合は、
お金を損する・・・ということに。。。

スケジュールがあわなくて、月2回の予約できる権利を消化できなくても、
翌月への繰り越しもできない・・・というのが泣き所ですかね~。。。

キャンセルについて

予約をキャンセルする場合は、前々日までに連絡すればキャンセル料はかかりません。
が、、、前日キャンセルは1,000円。。。。そして、、、
当日キャンセルは、
1,000円のほかに、その日の予約分を消化したと見なされます。

予約分を消化したことにされるんなら、キャンセル料を1,000円もとることないんじゃないの?、、、と、ミサエ的には思いますが、ま、仕方がない。。

ちなみに、当日キャンセルでも、サロンまで出向いてキャンセルすると予約分の消化はカンベンして貰えて、1,000円とられるだけで済みます。。。(よくわからないルールですが)

◆ワンポイントコラム
全身6回コース 月2回の予約できる権利をうまく消化できない人には、やや使いにくい面がありそうな脱毛ラボ。

ですが、実は、全身6回パックというのもあります。

これなら月額制ではなく、施術回数と金額の上限が決まっているので、スケジュールの調整がしにくい人でも、お金が無駄になりません。

また、この6回パックは2種類あります。

通常の月額プランと同じように12ヶ月で全身を6周するプランは、ゆったりコース。これは2ヶ月に1度の間隔で予約を入れて、1日で全身のお手入れをしてしまうというもの。

月2回の予約をとる為にスケジュール調整が難しい人にとっては有り難いシステムです。

もう1つはスピードコース。これは、半年の間に全身6周するというものですが、毛周期のこととかを考えると、これで効果を体感できる人って、条件が絞られてくるように思うんですよね。

どこか他のサロンで、すでに脱毛経験がある人で、処理しきれなかったところがあるとか、かんなり毛が薄い人とか。

実際、このスピードコースで効果が見込めるかどうかは、カウンセリング時によっく確認した方が良いかも知れません。

脱毛ラボ

エタラビの全身脱毛

★緊急Pickup★
【2016年8月25日】エタラビは消費者庁より指摘を受け、業務を停止しています。当サイト上のエタラビ公式HPへのリンクも一時的に凍結いたしました。


痛みのレベルはフツウ 以前、エタラビでお試しプランみたいなのがあった時に体験してみたところ、痛みのレベルはフツウです。

フツウ、、、というのは、脱毛ラボよりは痛みがあるけど、医療レーザーよりは全然マシ・・・という感じですかね。

HPを見ると高級そうな雰囲気ですが、ミサエが行った池袋店は、そんな雰囲気は感じませんでした.

でも、スタッフさんの雰囲気は良くて、個人的にはそういう部分は好き。

結構厳しいこともズバズバ言われたけど、むしろ、そういうホンネのアドバイスの方がありがたいです。

エタラビの月額プランは要注意

エタラビの全身脱毛コースも今ではスッカリ月額制プランが中心。

HPを見ると、リアル月額制なのかな?という雰囲気ですが、コールセンターにしつこく質問して、見えてきたのは、実は、リアルともどきの中間 みたいな存在だったということ。

と言うのも、基本的にエタラビでは、6回セットで契約して、全身脱毛6回分の金額を分割払いしていくというスタイルなので、基本的にはもどき型

この場合、施術回数は6回ですが、
この6回をどのくらいの期間をかけて施術していくかによって、料金が違ってくる
この辺が リアル月額制 っぽいところ。

つまり、通っている間はずっと料金が毎月かかるけど、施術できる回数は最初の契約時に決まっているというところが脱毛ラボとの違いです。

全身の4分の1ずつを、月2回というスケジュールで進めていくというのは脱毛ラボと同じ。順調に進めば、1年間で全身22部位を6回ずつ施術できます。
これなら、9,500円 × 12ヶ月 = 114,000円

ですが、月に2回(2ヶ月で4回)も都合をつけるのって意外と大変。生理と重なることもありそうです。

なので、少し余裕をもって、3ヶ月の間に4回というスケジュールで、6回コースを18ヶ月かけて施術していくという方法もあります。

この場合、18ヶ月分の月額料金がかかるということ。
9,500円 × 18ヶ月 = 171,000円 です

HPには、この案内は載っていないんですが、店舗でカウンセリングを受けたりすると、この方法をオススメされます。

予約・キャンセルについて

エタラビの全身脱毛は月に2回の予約をとることができます。

基本的には、全身の4分の1ずつを、月2回というスケジュールで進めていきますが、スケジュールがあわなくて予約が取れない場合でも翌月への繰り越しはできません

なお、脱毛ラボにあるような、全身6回パックのようなプランは用意されていないようです。

予約前日までのキャンセルは無料ですが、当日になると1,000円。
予約日を過ぎた場合は 2,000円のキャンセル料が発生となかなか厳しいです。

なので、キッチリと月に2回、時間をとれない人には、エタラビは向かないかも・・・。

◆全身脱毛ソルジャー・ミサエの独り言
エタラビは月額料金が無料になるキャンペーン中に契約するのがお得。このキャンペーンは時期によって、無料になる期間が初月だけだったり、2ヶ月分だったりと色々。

たまに、3ヶ月分も無料になるキャンペーンをやってることもあるので、もしそのタイミングに当たれば超ラッキーかも!

銀座カラーは明朗会計

銀座カラーは明朗会計 銀座カラーは もどきタイプ の月額制サロン。

つまり、6回なり、9回なり・・・といった、施術回数の上限は決まっているけど、回数に応じた支払金額も決まっていて、それを分割払いしていくというスタイル。

もどき・・・というと聞こえは悪いですが、全身脱毛ソルジャー・ミサエ的にはたぶん1番オススメかも。

というのも、かかる金額が1番わかりやすい。やっぱ明朗会計というのは安心です。

それでいて、大体3ヶ月スパンの
毛周期を意識したスケジュールで施術を進めていくので効果も高い

当然、ミサエも体験済みですが、施術の痛みに関しては、脱毛ラボよりは痛いけど、エタラビと比較すると、まぁ大体同じくらいかな?という印象。

もどきタイプの月額制は安心感がある

全身VIP脱毛6回の値段 全身6回を3ヶ月ごとに・・・という進め方だと、
エタラビでは18ヶ月分の料金(約17万円)。

でも、銀座カラーでは何ヶ月かかろうとも全身VIP脱毛6回の値段は同じ。

キャンペーンによってチョイチョイ値段が変わるので、公式HPで最新の料金を確認した方がいいですね。

エタラビのHPにある、総額:114,000円で全身6回を契約できる人って、かなり限られてくると思うので、エタラビの全身6回コースの実質的な値段は、171,000円になるのかな。

これと比較すると、時期によっては銀座カラーの方が安いということもあります。

しかも、ここだけの話、
エタラビの月額料金は、3回目から金利がかかってくるので、実質、月額9,500円以上の金額がかります。

ところが、銀座カラーでは分割金利ゼロ。余計なお金を払う必要はありません。
全身脱毛6回の施術が終わる頃には、支払いも終わるというプランになっているのも非常に気持ちが良いです。

予約・キャンセルについて

予約・キャンセルについて 良いことずくめのように感じる銀座カラーですが、予約をキャンセルすることについては、少し注意が必要です。

前日の19時までに連絡すればキャンセル料は不要ですが、それ以降になると、施術を1回分消化したことになってしまいます。

基本的に銀座カラーでは、1日で全身22部位を施術してしまうという進め方。

なので、施術1回を消化・・・というペナルティは、支払総額の6分の1である、約2万円チョットを無駄にしてしまうことになります。

これは、脱毛ラボやエタラビよりも、はるかに重いペナルティ

ただ、銀座カラーの全身脱毛は、大体2~3ヶ月に1回という間隔で通えば良いので、毎月2回通う前提のラボやエタラビよりは、スケジュールを合わせやすいハズ。

しかも、前日までは無料でキャンセルOK、予約日を変更することも可能なので、実際にはそれほど心配することはなさそうです。

◆ワンポイントコラム
銀座カラーの通常の全身VIP脱毛コースには顔パーツは含まれていませんが、顔を含めたスペシャルプランもあります。

顔を含めたスペシャルプラン こちらは全身24部位で、約3.5万円くらい高くなります。

エタラビは元々、顔脱毛もコミコミの全身脱毛なので、ぱっと見のコスパはエタラビの方が良さそうです。

でも、これも銀座カラーのキャンペーンによって、どっちが安いかというのは逆転することもあるので、最新のキャンペーンを確認しておくのが吉です。

さておき銀座カラーには、全身VIPハーフ脱毛・・・というプランもあり、こちらは全身22部位の中から、8部位をチョイスして施術できるというもの。

これは、顔パーツもチョイスできるので、ピンポイントで銀座カラーの施術を受けたい場合には有効ですが、エタラビの全身10部位脱毛し放題プラン(60回フリーパス)と似ていますね。

また、銀座カラーでは、6回のほかに、9回や12回といった回数でも契約可能。毛量の多い人には、期間・回数無制限の全身脱毛し放題コースもあります。

施術できる期間は無制限でも、支払金額の上限は決まっているので、脱毛ラボのように、通っている間ずっと支払い続けるという必要はありません。

シースリーの全身脱毛は

シースリーの全身脱毛は さて、銀座カラーと同じように、もどきタイプ の月額制サロンのシースリー。

こちらは全身脱毛専門のサロンとして、首都圏エリアを中心に店舗数を拡大中。

以前、ミサエはシースリーの社員さんに取材させて貰ったことがあるんですが、シースリーは特に、脱毛効果をあげることに真剣に取り組んでいるという印象でした。

まだ新しいサロンですが、スタート時に脱毛マシンを選定する際、いま世の中にあるマシンを全部あつめて、その中で1番ダツモウ効果の高いものを選んだとのこと。

ちなみに、1台あたり400万円くらいするらしいです。

また、照射するパワーの加減もできるだけ効果をあげるように、やや強めのところを基本にしつつ、お客さんの反応を見ながらパワーを調整していくとのこと。

たしかに、シースリーは口コミの評価でも、痛みはあるけど、効果を体感できるといった感想が多いように思います。

また、シースリーは比較的、値段が安いことも特徴の1つ。特に、全身脱毛無制限コースがお得度が高く、実際、シースリーでは1番人気のあるコースです。

回数無制限で税込29万円。
(ちなみに、シースリーは全コースとも有効期間は無期限です)

これを月々7,000円で金利ゼロの分割払いにしていくのが、シースリーの月額制です。もちろん、その他のコースでも無金利分割払いの月額プランが用意されています。

予約・キャンセルについて

また、シースリーは予約が取りやすいというメリットもあります。

24時間ネット予約が可能なので、営業時間内に電話しなければ・・・という制約がありません。2ヶ月先までの間に、4回分の予約を入れておくことができます。

また、どの店舗でも施術を受けられます。その為、自分の都合の良い時間に空いてる店舗を探して、その場で予約できるというところが使い勝手が良さそう。

予約をキャンセルする場合にも融通が利くのがシースリーの良いところで、
予約時間の1分前までは無料キャンセルOK

ただし、無断で遅刻してしまうとペナルティとして3千円が課せられるので注意。時間前までに電話連絡しておけば、ペナルティはありません。

◆ワンポイントコラム
とにかく、首都圏に住んでいる人で、全身脱毛の支払総額を安く抑えたいという人にはシースリーはオススメ。銀座カラーと内容的に近いけど、料金の安さではシースリーが1歩リードかな。

料金の安さではシースリーが1歩リード エタラビは、パッと見の金額は安く見えますが、実際にはカウンセリングに行って、オススメされるのは、3ヶ月スパンで18ヶ月通うというプラン。なんか、後出しジャンケンみたいな作戦。

ちなみに、期間が18ヶ月なら、料金も18ヶ月分。この18ヶ月分の金額を分割払いするというのがエタラビ流の月額制の考え方。つまり、単なるローン払いということ。

この支払総額をローン払いすることを月額制と呼ぶのはシースリーや銀座カラーも同じですが、この2社は金利ゼロ。でも、エタラビは金利もシッカリかかります(3回目から)。

シースリーは、分割手数料をサロン側で負担する もどきタイプ の月額制では元祖(ミサエ調べ)。

なんとなくズルッコイ感じがするエタラビに比べるとミサエの心証は良いです。ちなみに、シースリーの全身脱毛は、月額制のほかに、8ヶ月後、または14ヶ月後の後払い制も選べます。

あきれるほど安い、リンリンの全身脱毛

激安価格の全身脱毛がウリのサロンと言えばリンリン。特に関西方面に多く出店しています。

リンリンの全身脱毛 リンリンは月額制プランは導入されていませんが、ミサエの持論では、大事なのは支払総額。

リンリンの全身脱毛は、あきれるほど安いので、ミュゼやエピレあたりとは比較にならない。

ただ、サロンの雰囲気はというと、アットホーム感満載。高級感のあるエステ・・・という雰囲気のミュゼや銀座カラーとは別路線のサロン。

リンリンのまるごと全身360°12回コースは、
税別:128,000円。その名の通り、施術回数12回でこの値段。。。

これ、脱毛ラボやキレイモで全身6回分の金額とほぼ同じくらいです。

施術の痛みよりもアイスノンがきつい・・・

ちなみに、リンリンの施術はジェルを使わずにイキナリ照射するという方法。

アイスノンをあてがっての直接冷却 ジェルを使わずにイキナリ照射する 実はこれ、ジェルをケチって価格を安くしているのではなく、そもそもジェルが不要な新式のマシンを使っているからできるワザ。

リンリンいわく、そもそもジェルを使うというのは、マシンから出る有害な波長を遮断するという目的なんだとか。

でも、リンリンのマシンはその為のフィルターを装備しているので、その必要はないとのことですが、それでもマシンの発する熱はあるらしく。。。

なんと、アイスノンをあてがっての直接冷却攻撃が待ってます。施術の痛みそのものは、ま、個人差はあるものの殆ど感じないレベル。

それより、このアイスノン攻撃がミサエ的にはきつかったです。。。
(はい、もちろんリンリンも体験済みのソルジャー・ミサエです)

予約・キャンセルについて

土日しか行けないという人は、なるべく早めに予約を入れる方が良いです。施術して貰ったその日に、次の予約をとるようにした方がイイですね。

予約が取れないということはない 毛周期を考えれば、2~3ヶ月後に次の施術になるので、それだけ間が空いてれば、予約が取れないということはないと思います。

ま、でも、平日の昼間とかに行ける人なら、さほど苦労せずに予約はとれると思います。

なお、リンリンでは当日キャンセルや無断キャンセルした場合、
1回分の施術を消化したことにされてしまいます。予約時間を過ぎた場合も同様です。

キャンセル料や遅刻料といったペナルティはありませんが、1回分の施術が出来なくなることの方がダメージは大きいので注意が必要です。

◆九州方面の人には、ラ・ヴォーグが最安値
ミサエ調べでは、これまでRinRinが国内最安値の全身脱毛サロンだったんですが、ここに来て、ラ・ヴォーグというサロンの存在を知りました。

ラ・ヴォーグは九州エリアを中心に、関西、北陸エリアで拡大中のサロン。月謝タイプの月額料金システムと、回数契約のパックプランが両方あります。
(脱毛ラボやキレイモみたいな方式)

ラ・ヴォーグ

ミサエは早速、ラ・ヴォーグでも体験してきました。

ラヴォーグには2種類の脱毛マシンがあって、メインで使っているのはシルキーライトⅡという国産マシン。

これは効果を重視したマシンで、効果のでにくいウブ毛もターゲットロックオンしているようで、なにやらラヴォーグのスタッフさんも自信ありげ。

もう1つはLVSというマシンで、こちらはスピード重視とのことですが、ちゃんと効果をだすには、回数を多くする必要があるとか。

それって、あんまし意味なくない?と思っていたら、やっぱりスタッフさんも同じ気持ちなようで、効果を出したいならシルキーライトでの施術をオススメしますとのこと。

ということで、ミサエはシルキーライトでの体験でした。

リンリンと同じくジェル無しの施術で、アイスノンみたいなのをあてがわれましたが、リンリンほどカチコチに凍ってなかったので少しはマシかな。

シルキーライトそのものは、全くと言って良いほど何も感じません。ミサエ的にはこれまでミュゼが1番痛くないサロンだったんですが、これはミュゼ以上かも。

ラヴォーグは、試し撃ちして貰えるので、無料カウンセリングの時に体験してくることをオススメします。

ラ・ヴォーグの料金もキャンペーンによってチョクチョク変動しそうな感じですが、いずれにしても国内最安値レベルであることはマチガイ無しです。

エピレの全身脱毛。安くなってもまだ高い

エピレの全身脱毛。安くなってもまだ高い さて、エピレはというと、わりと高級感のあるサロンという印象です。コールセンターの対応も ちゃんとした企業 という雰囲気。

以前は、かなり料金が高かったエピレですが、今は全身脱毛の値段は大幅に下がって、税別で18万円くらい。

月額制ではありませんが、自社ローンの利率が1%なので、わりと気がラクかも。

ミサエは以前、エピレのファーストプランで鼻下のお手入れをしてもらいましたが、
痛みは殆ど感じず。。。たぶん、脱毛ラボと同じくらいかも。。。

予約・キャンセルについて

エピレはわりと予約はとりやすいです。。。というか、融通が利くといった感じ。

エピレはわりと予約はとりやすいです もし、予約したい日があいてなくても近隣の支店で空きがあれば、そっちを案内して貰えたりもします。支店の数が多いので、こういったことも可能なんですね。

予約をキャンセルする場合には、前日までに連絡しておけば問題ありません。当日キャンセルになると1,000円のキャンセル料がかかってきます。

でも、予約のキャンセルではなく、予約日を変更するのであれば、1,000円のキャンセル料はかかりません。

いずれにせよ、当日キャンセルで全身脱毛の施術1回分が消化される銀座カラーやRINRINのようなサロンよりはダメージは少ないです。。
(ま、そもそもドタキャンしなければイイだけの話なんですが)

◆ワンポイントコラム
エピレでは、自分の都合で、施術して貰う店舗をアチコチ変えてもOKです。

TBCでもエピレと同じ内容の施術が可能 エタラビや脱毛ラボでは施術するお店を自由に移動したりはできませんが、エピレはこの辺の自由度は高いですね。

ただ、この店舗移動をもっと自由にしたい場合は、エピレではなく、TBCで申し込むのが吉。

TBCとエピレは同じグループ企業なので、実はTBCでもエピレと同じ内容の施術が可能なんです。

もちろん全身脱毛の料金なども同じ。でも、店舗数はTBCの方が圧倒的に多い。

TBCとエピレでは施術内容は同じなんですが、施術する店舗をいろいろ変えたい場合、最初にエピレで契約したらエピレの店舗でしか施術できません

TBCで契約した場合も同様です。なので、支店移動の自由度が高いほうがイイ・・・という人は、TBCで申し込むのがオススメです。

ミュゼプラチナムの全身脱毛

ミュゼも高級感を感じさせる路線のサロン。
全身美容脱毛コース(6回)の値段は167,580円(税別)
(上記価格は、まとめて割プライスになります)

ま、世間並の相場と言えばそうですが、銀座カラーや脱毛ラボの料金と比較すると、やはり割高な感じがしてしまうのはミサエだけではないはず。

ミュゼプラチナム ただ、ミュゼは体験コースみたいなのが異様なまでに安い。

キャンペーンの内容はちょくちょく変わるので、自分の目で最新情報をチェックした方が良いです。

全身脱毛ソルジャー・ミサエはミュゼの施術は体験したことはありませんが、以前に、脱毛ラボのスタッフさんが、「ミュゼさんと同じ機械を使ってます・・・」 ということを言ってたので、痛みのレベルは同じくらいと考えて良さそう。

ちなみに、ミサエ的には、ラボの施術は殆どなにも感じないくらいの痛さレベルでした。
(この時はワキのお手入れでした)

そんなんで効果の方は大丈夫なのか?
と思いましたが、1回目の施術後、1週間目あたりから、指でつまむとスルスルと抜けてきて、2週間後には3分の2が消滅という効果を体感してます。

予約・キャンセルについて

ミュゼプラチナムは店舗でも予約は可能ですが、会員サイトにログインして予約したり、予約日の変更、キャンセルもできます。

予約日の変更 ただ、そうは言っても、なかなか思ったとおりに予約の空いてる日がないということもシバシバ。これは人気サロンの宿命かもしれません。

でも実は、当日や前日など、直近の予約は案外とれることがあるので、「明日、行ってみようかな」 と思った時に、試しに電話したりすると、スルーっと予約できてしまうかも。

ミュゼでは予約をキャンセルする時も、
施術1回分を消化されたり、キャンセル料をとられる等のペナルティは発生しません

もしかしたら、当日、前日なら予約がとりやすい・・・というのも、このキャンセル料ナシでキャンセルできるシステムの影響かもしれませんね。
だって、これなら気軽にドタキャンできるもん。。。^^;

◆ワンポイントコラム
全身脱毛の金額は特別安いというほどではないミュゼですが、契約した後の使い勝手という面では他を1歩リードしている印象です。

気軽に予約をドタキャン 気軽に予約をドタキャンできたりというのも、仕事が忙しく、先々の予定をたてるのが難しい人にはありがたいシステムではないですかね?

また、店舗は、たぶん1番くらいに多いんじゃないかなと思うんですが、ミュゼはどの支店で予約をいれてもOK。

エピレ、TBCでも同様のルールがありますが、こういうのは、アチコチにでかける用事が多い人には利便性が高いですよね。

ミュゼプラチナム

医療レーザーでも月額制あり

ところで、なによりも全身脱毛の効果を優先したいなら、医療レーザーのクリニックも視野に入れたいところ。

医療レーザーでも月額制あり ミサエのテリトリー、池袋にあるアリシアクリニックは、美容外科のレーザー脱毛では、比較的、値段も安いほうでお得感があります。

そんなアリシアクリニックでも月額制で全身脱毛が可能になりました。

アリシアクリニックの月額制は、
銀座カラーと同じ もどきタイプ に分類されます。

単純に金額だけを比較すると、銀座カラーのような光ダツモウのサロンよりも高いのですが、医療レーザーの効果は、同じ6回の施術だったとしても、光ダツモウの倍くらいと言われています。

つまり、光ダツモウに比べると、約半分の回数で、同程度の効果が得られます。

なので、こうした医療レーザー系の美容外科では3回とか5回とか、一見、中途半端に感じる回数のプランが用意されているんですよね。

アリシアクリニックの全身脱毛は

アリシアクリニック アリシアクリニックでは、全身脱毛にVIOを含めるか? とか、顔セットをつけるかどうか? で、いくつか選択肢があります。

顔、VIOを含まない、1番シンプルな全身脱毛5回コースで通常料金 288,750円。これを金利ゼロで分割払いしていきます。

こうした回数契約をするのですが、途中解約する場合でも、違約金や解約手数料がかからない・・・というのも安心ポイントです。

アリシアクリニックのマシンは医療レーザーの中では比較的、痛みの少ないものを使用していますが、そこは、やはり光ダツモウのサロンと比較すると、痛みが強いのは仕方がないところ。

痛くないことよりも、効果が高いことの方を優先したい・・・という人にはアリシアクリニックの方が向いていると思います。

ただ現在、アリシアクリニックがあるのは池袋のほかは新宿と銀座、原宿と横浜のみ。東京都内や神奈川県の人以外には利用が難しいのが惜しい。

東京以外の地域での医療脱毛なら

東京都内や横浜に通える人にはアリシアクリニックがイチオシですが、それ以外のエリアで医療レーザーでの全身脱毛を検討するなら湘南美容外科かな。

湘南美容外科 全身脱毛ソルジャー・ミサエも湘南美容外科はワキのお手入れで体験済み。

さすがは医療レーザーという感じの、まったく情け容赦ない痛みですが、初回からバッチリ効果を体感してます。

しかも、料金も結構安いのがSBC湘南美容外科のオススメポイント。

アリシアクリニックのコースとはカバーする部位が少し違うので、一概に比較できないのですが、顔、首、うなじ、Iライン、Oラインを除いた、全身脱毛5回コースでは 315,000円(税込)

アリシアの全身脱毛ではVIOが含まれないけど、湘南美容外科ではVラインを含んでいます。

でも、わかりやすく比較するなら、
全身まるごと全部をキレイにできるコースの値段で比較した方がイイですね。

このプランだと、SBC湘南美容外科ではパーフェクト全身コース。
料金は6回で、435,370円(税込)

アリシアクリニックで同じように全身すべてをカバーするプランにすると、以下の2つのセットを組み合わせることになり、合計すると 474,300円。

  • 全身脱毛セット(VIO有り)・・・33万円
  • 全顔脱毛セット・・・144,300円

でもね。アリシアの方は施術回数5回なんです。湘南美容外科は6回
わかりにくいので、1回あたりの金額に直してみると。。。

  • アリシア・・・94,860円
  • 湘南美容外科・・・約79,050円

   ・・・という感じなんですよね^^。

全身脱毛ソルジャー・ミサエ的まとめ

◆安いことが最優先の人は
とにかく全身脱毛は料金が安いことが最優先。それ以外のことには多少は目をつむる・・・という人はリンリン。

ラ・ヴォーグ ・・・だったんですが、最近はラヴォーグが最安値の全身脱毛になりそう。

ラヴォーグは九州や北陸、関西エリアでの出店が多かったんですが、最近は東京、首都圏エリアにも進出しています。

ラヴォーグもキレイモ同様、顔の施術に力を入れていて、鼻(の頭)まで施術できるという本気の全顔脱毛が可能です。

ラヴォーグの公式HPを見ると、異様なまでに安い月額料金が目を惹きますが、これはLVSという効果が弱めなマシンで施術するプラン。

ラヴォーグ的にも本命としてるのは、シルキーライト2というマシンで施術するプランですが、こちらは回数制のパックプランでの契約。

料金も高くなるので、こうなると、さほどキレイモと変わらない印象です。

ラヴォーグは予約の変更やキャンセルする時のルールがキレイモよりも厳しめなので、1回分消化のペナルティを受けたりと、お金が無駄になる可能性も。。。

後々のことを考えると、キレイモの回数制パックプランの方が無駄な出費を心配することなく全身脱毛できそうかな~と。。。

ミサエ的には、キレイモの回数制パックプランで、フォトフェイシャルを選べるというのもラヴォーグにないメリットだと感じています。

ただ、まぁ、とにかく安く全身脱毛したい・・・ということでしたら、ラヴォーグがTOPなことは間違いないです。

◆痛くないことが最優先の人は
痛みのない施術ということなら、脱毛ラボ。ミュゼも同じマシンを使っているようなので、ミュゼもアリだと思います。

痛くないことが最優先の人は あと、エピレも殆どなにも感じないまま施術が終了したという記憶があります。

どちらも効果は光ダツモウとしては及第点を与えられるレベル。1週間後くらいからスルスル抜けてきます。

参考までに、ミュゼとエピレの全身脱毛6回の料金は約18万円くらいで同レベル。

分割払いの金利で有利なのはエピレ。エピレの自社ローンは月利1%です。

もちろん、TBCでも条件は同じ。支店の数が多いTBCの方が施術する店舗を選ぶ自由度が高いです。。

脱毛ラボは月額制なので単純に比較はできないけど、12ヶ月かけて全身を6回ずつ施術するという標準的なプランなら、費用の目安は約12~13万円といったところ。

ここからさらに、初月の月額料金が割引になるキャンペーンをやってたりするので、実質、1万円ちょっとがオフになります。また、顔パーツも施術対象になっているのもポイント高いです。

◆効果が高いことが最優先の人は
ダツモウ効果が最優先の人なら医療レーザーの全身脱毛を選ぶべき。

光ダツモウに比較すれば、痛いし、値段も高いけど、光の約半分の回数で同等の効果が期待できます。東京都内ならアリシアクリニックが人気ですが、それ以外の地域ならSBC湘南美容外科がオススメ。

実際にかかる総費用にも違いが 全身脱毛の金額はどちらも同じくらい。施術できる箇所と回数のチガイで、全身コースでもいくつか種類があるというのも同じ。

でも、値段的には同じくらいでも、支払い方法の違いから、実際にかかる総費用にも違いがでてきそう。

SBC湘南美容外科では分割払いにする場合は、医療ローンを使います。金利は9%かそこらだったかな。これ美容業界のローンではわりと低めの金利です。

でも、アリシアクリニックは月額制プランで、実質、金利ゼロでの分割払いが可能です。

◆総合的にバランスのとれた全身脱毛は
医療レーザーの痛みには耐えられないけど、効果の高さを求める人。それでいて、全身脱毛の費用の総額も抑えたいという人は銀座カラーやシースリーが良さそう。

というのも、この2つには、有効期限、施術回数が無制限の全身脱毛コースがあるから。

これなら、永久脱毛ではないけど、サービスを受けられる権利は一生続くので、毛が生えてきたら、またお手入れしに行けば良いわけです。

高級感のあるエステ エピレや脱毛ラボと比較すると、少々痛みは感じたものの、別にガマンできないレベルでもないです。

特に銀座カラーは施術前後のケア、おもてなし感は高級感のあるエステに通ってるという気分を味わえます。

仮に、無制限の全身脱毛コースじゃなく、6回コースだったとしても、最低でも1~2年も付き合うことになります。

となると、単純に金額だけの比較というより、サロンの雰囲気、サービス全体の肌ざわり・・・という部分も無視できません。

ちなみに、全身6回あたりの値段が同じ価格帯の月額制サロンの脱毛ラボでは、1年かけて全身を6回施術するというのが標準的なスケジュール。

でも、脱毛ラボの月額制は、忙しくて行けなかった場合には、お金が無駄になってしまいます。

銀座カラーやシースリーの場合は、かかる金額は決まっていて、施術期間は無期限。つまり、スケジュールが合わなくても、お金が無駄にならない
明朗会計じゃないと安心できないミサエにとっては、実は大本命です。

▼全身脱毛ソルジャー【安いハズの月額制、、、料金システムの裏側を暴く】

【概要】
ミサエ(池袋在住)が全身脱毛料金の裏側を暴露。キャンペーン価格や月額制の値段、他人の噂、評判、予約がとりやすいか、キャンセル、シェービング。期間・回数、全身脱毛し放題や、1回あたりの金額で比較し、3回、6回、9回などの・・・

【NewTopics】
ニキビだらけの肌ってツラい。 ニキビがあるからといって、 即施術を断られるということはないです。 ・・・ニキビが大量発生中!これじゃ顔脱毛はムリ?

Copyright (C) 2011 全身脱毛ソルジャー【安いハズの月額制、、、料金システムの裏側を暴く】. All Rights Reserved. [ T G L A E S e M I C ]